読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第9話 対決!!ロケット軍団

 あたいはぴか子、絶賛更生中の電気ボケもん。レベル8

 

トレーナーのサトシっちを助け出すため

天城山のロケット軍団基地を探しにやってきた。

 

ロケット軍団のフニゃ〜スに秘密の抜け道を案内され、基地目指してグングン進む。

 

 

「ニャ〜ぴか子!おミャーのLED懐中電灯は明るくていいニャ〜」

 

 

『ピカ☆サトシっちにもらったピカ☆』

 

 

「(いいニャ、いいニャ、サトシっちはニャ〜が横取りしてLED懐中電灯も

ニャ〜がゲットするニャ)

そこを曲がれば基地ニャ、モサシはそこにいるニャ」

 

 

『ありがとピカピカ☆サトシっち取り返してくるピカ☆あ、サトシっちがいたピカ! 

サトシっち〜助けに来たピカ!』

 

 

f:id:pikapikako:20150902230517j:plain

 

 

「ぴか子!来てくれたのか!ぴか子スゴいぜ!ありがたいぜ!」

 

 

「(ニャっハっハそろそろいくニャ)侵入者ニャ〜〜!!

ロケット軍団のジャロータ〜出て来いニャ〜〜!」

 フニゃ〜スが大声を出した!

 

 『わ!わ!わ!ヤバいピカ!! 』

 

ロケット軍団のジャロータが現れた!

 『こうなったらやるしかないピカ!』

「いけいけ!ジャロータ~!!やっておしまいニャ~」

 

 『ぴ、ぴか子アタ〜っク!! あれ?当たらないピカ〜!!

ぴか子アタ~っク!当たらない!草ヘビすばしっこいピカ』

 

 「いいぞ!やれ、やれニャ〜!つねる攻撃ニャ!」

 

 ムギュ~っ!グリグリっ!

 『痛いピカ!草ヘビは動きが早くてやられっぱなしピカ!』

 

「もっとつねつねニャ〜!」

 

『キャ〜〜!もうダメピカ〜!!』

 

 

「今だニャ!トドメのねっとり巻き付く攻撃ニャ〜!!」

 

グルン、グルン!!

 

f:id:pikapikako:20150903203217j:plain


 

『ピぃっカ〜〜〜(泣)』

 

「ぴか子!諦めるな!巻き付かれている今がチャンスだぜ!

今なら電撃当たるぜ!」

 

 『サトシっち!ありがとピカ☆☆ ぴか子〜アタ〜っク!!!』

 

 ビリビリビリビリ ドッカぁ〜ン!!!


ロケット軍団のジャロータは倒れた!

 

「や、やられたニャ〜!真っ先に逃げるニャ!」


フニゃースとロケット軍団は逃げ出した。

ジャロータもしびれながら逃げていった。

 

『サトシっち、今ロープをほどくピカ☆』


「さんきゅうぴか子だぜ!助かったぜ!」

 

 

おや?ぴか子の様子が。。。

 

f:id:pikapikako:20150820221033j:plain

 

ピコピコ〜ン♪

 

ぴか子は強敵を倒し一気にレベル10に上がった!

ぴか子は「諦めない心」を覚えた!

 


「あっらぁ?何を勝手なことしてくれちゃってるの?♡」


 バトルの物音でモサシが気付いてやって来た。

 

「サトシっちは渡さないわよウッフ〜ン♡」

 

 『ついに出たピカね、ウッフン女!!やっつけるピカ!』

 

「行きなさ〜い♡フシギバナナ♡ウッフ〜ン♡」

 

ロケット軍団のフシギバナナが現れた! 

 f:id:pikapikako:20150828060407j:plain

 

「ガオ〜ン!カエルバナナ〜!」

 

『つ、強そうピカ。。。』

 

ようやくサトシっちを救い出すことに成功したぴか子。


しかしモサシのけしかけてきたボケもん フシギバナナを倒し、

無事にロケット軍団基地から抜け出す事はできるのか?

 

 

 

ぴか子とサトシっちの旅は、まだまだつづく。