読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

劇場版特別ストーリー! 消えるお宝の謎(ストーリーbyさざれ石)

ピっカ〜☆あたいはぴか子。

エコに目覚めた電気ボケもん。レベル11

 

トレーナーのサトシっちとオンコチシティを目指す途中。

 

『サトシっち、サトシっち〜』

 

 「どうした?ぴか子?」

 

 『ぴか子はお腹が空いてもう歩けないピカピカ』

 

 「そりゃかわいそうに、近くの村で何か分けてもらおうだぜ」

 

しばらく歩くと古びた民家が出てきた。

 

 「すみませ〜ん!誰かいませんか?」

 

『誰もいないピカ??』

 

コンコン。玄関をノックしてみたが返事は無い。

 

「誰もいないのかなぁ?」

 

 

『ピっカぁぁぁああ〜~~~!!!!(泣)』

 

突然ぴか子の悲鳴が!!

 

 

「ぴか子!?ぴか子が消えた。だぜ」

 

 

サトシっちが振り向くとぴか子の姿が消えていた。。。

 

「ぴか子〜!どこ行った〜?!」

 

ぴか子を探していると地面が突然!!!

サトシっちは落とし穴にハマってしまった 。

 

 「うわ~~~!あれ?なんかやわらかい上に落ちて助かったぜ」

 

先に落ちていたぴか子が下敷きになっていた。

 

『サトシっち〜早くどいてピカ(涙)』

 

「ごめんごめん!ぴか子!怪我してないか?」

 

『大丈夫ピカ』

 

「本当に大丈夫か?また前歯が折れて鼻血出てるぜ」

 

2人で話していると上から声が聞こえてきた。

 

「とうとう捕まえたぞ〜!お宝ドロボウめ!」

 

 『ぴか子はかしこいピカ!ドロボウなんてしないピカ!』

 

「俺達、お宝ドロボウじゃないぜ!」

 

「それは失礼しましたのじゃ。今助けますのじゃ。」

 

 

ロープが投げ込まれた。

 

 

「改めまして、俺、マチャラタウンのサトシっち!、こっちは相棒のぴか子だぜ!」

 

「私はこの家の主のジバエレキじゃ。間違えてすまなかったのう。

 

それとあそこにいるのはお手伝いボケもんのゴーゴーリキじゃ。」

 

f:id:pikapikako:20150903214156j:plain

 

 

『ジバエレキさん、よろしくピカ☆』

 

「ところでジバエレキさん、なぜこんな罠を?びっくりしたぜ」

 

「最近我が家のお宝、ブロンズぐるぐるが消えていくんじゃ」

 

『悪い奴が盗んでいるピカ?』 

 

「わからんが困っておるんじゃ。おぬしら、捕まえてくれんかのう?

捕まえてくれたらお礼においしいご飯をごちそうするじゃ」

 

「引き受けたぜ!ぴか子、捕まえてやろうぜ!」

 

『ピカ☆』

 

「ぴか子!まずは作戦会議だぜ!証拠を押さえて現行犯だぜ!

ぴか子はブロンズぐるぐる置場を隠れて見張るんだ!」

 

『任せるピカ!』

 

 

次の日の早朝。。。

 

『あ、お手伝いのゴーゴーリキが掃除してるピカ。

朝早くから働き者ピカね〜☆ 笑顔であいさつしたいけど、

見張り中だから隠れてなくちゃピカ』

 

ゴーゴーリキは掃除しながら近づいて来た。

 

そして!なんとブロンズぐるぐるを軽々と持ち上げたと思うと

そのまま持って行ってしまった!!

 

f:id:pikapikako:20150903215913j:plain

 

 

『ピカピカ??ドロボウって外から来たのじゃなく

お手伝いのゴーゴーリキでしたって事ピカ?』

 

ぴか子は混乱してしまった。

 

『まさか?何年もお世話になっている家のお宝を盗むなんて

そんなキ◯ガイがいるはずないピカ!何かの見間違えピカ!

とにかくサトシっちに報告ピカ!』

 

「う〜ん。そこまで恥ずかしい事をするとは考えられないぜ!

家族が聞いたら泣くぜ!だからきっと見間違えだぜ!

信じられないけど明日は俺も一緒に見張るぜ!」 

 

何だか嫌な予感の2人。とにかく明日2人で見張ることにした。

 

 

来週に続く。。。