読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

劇場版特別ストーリー!消えるお宝の謎(ストーリーbyさざれ石)

ピっカ〜☆

 

あたいはピカ子、充電ボケもん。レベル11


トレーナーのサトシっちとの旅の途中。

 立ち寄った館でドロボウと間違えられちゃって、

真犯人を捕まえてやろうと見張っているとこピカ☆

 

「ぴか子〜眠いぜ、ホントにドロボウなんているのかだぜ?」

 

 『サトシっち!しぃぃ〜っピカ。任務中の私語はダメピカよ』

 

 「ちゃんと見張ってるからいいじゃんだぜ。。」

 

 『ダメピカ☆そういうのが不良やケガ、生産力低下につながるピカよ』

 

 「い、いまは見張りだぜ、、なんのこっちゃだぜ(笑)」

 

 

『誰か来たピカ!』

 

 ゴーゴーリキが掃除しながら近付いて来た。

 

 「ゴーゴーゴーゴー♫ お掃除ゴーゴー♫」

 

「こんな朝早くから感心だぜ、いいやつだぜ」

 

『黙って見てるピカ!』

 

そのままゴーゴーリキは近付いて来て、ブロンズぐるぐるの前で

キョロキョロし始めた。。

 

「?!。。だぜ??」

 

 ゴーゴーリキはブロンズぐるぐるを軽く持ち上げ、持って行こうとしている。

 

f:id:pikapikako:20151001115352j:plain 

 

『サトシっち〜ど、どうしよう(泣)』

 

「見逃せないぜ、悪いものは悪いからやっつけないとだぜ!」

 

「待つんだ!ゴーゴーリキ!全部見ちゃっただぜ!」

 

ゴーゴーリキは逃げ出そうとしている。

「ゴーゴーゴーゴー!」

 

「ぴか子!かげぶんしんでゴーゴーリキの逃げ道を全部ふさぐんだ!」

 

f:id:pikapikako:20151001114456j:plain

 

『ピっカ〜!!』

 

 

追い詰められたゴーゴーリキが襲い掛かってきた!!!

 

「フンガ~!ゴー!ゴーゴー!!」

 

「ぴか子!かわして でんこうせっか だ!」

 

『ピっカ~!!』  ドッカ~ン

 

でもゴーゴーリキには全然効いていない!

 

ゴーゴーリキの怪力にぴか子は捕まえられてしまった!

 

「ゴーゴー!」

 

シッポをつかんで振り回される!

 

『ピ~~カ~~(泣)』

 

騒ぎを聞きつけてジバエレキがやってきた。

 

「何をしておる!!ゴーゴーリキ!!」

ゴーゴーリキは攻撃をやめた。

 

「今だ!ぴか子!11万ボルト!!!」

 

『ピカピカピカピカ~アタ~ック!!!』

 

ビリビリビリビリビリ~~~どっか~~ん!!!!

「ゴ~~~(泣)」

 

「サトシっちさん、どういう事ですかな?」

 

「ジバエレキさん、残念だけどゴーゴーリキがお宝ドロボウだぜ!」

 

『ぴか子も見たピカ!』

 

「なんですと?まさか。。。ゴーゴーリキ!!本当なのか?!!」

 

「ゴ~ゴ~~(泣)」

 

「泣いてばかりじゃわからんわい!ブロンズぐるぐるをどうしたのじゃ?」

 

「売りとばしたゼニーでウハウハでムフムフのビデオが買いたかったゴ~(泣)」

 

「な、な、なんと!!そんなことで。。。お前はクビじゃ!顔も見とうないわ!」

 

「ゴ~~~(泣)」

 

f:id:pikapikako:20151001144626j:plain

 

ゴーゴーリキはどこかへ走り去っていった。

 

「サトシっちさん、ぴか子さん、ありがとうですじゃ。


これでお宝は守られますじゃ。」


『ご、ご馳走‥ 約束ピカ。。。』


「そうじゃったな、うちは古いウチじゃから鉛バッテリーしか無いが

それで良いかのう?」


『鉛バッテリーは大きくて重いから持ち歩くには不便だけど安全だし

歴史が古いぶん実績バッチリで、コストも安いから定置充電で使うなら

最高ピカよ☆、元気充電〜ピカ☆』

 

お腹いっぱい満充電で元気いっぱいになったぴか子。


『ご馳走さまピカ☆、そろそろ行くピカピカ』

 

「それじゃ〜ぴか子さん、サトシっちさん、気をつけて行くのじゃぞ」

 

『ありがとピカ! サトシっち、行くピカよ』


「オウだぜ!オンコチシティへ出発だぜ!」

 

お宝ドロボウ事件を解決したぴか子とサトシっちの旅は


まだまだま~だまだ続く。