読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第15話 挑戦!オンコチジム!!

ピカピっカ〜☆ アタイはぴか子 電気ボケもん レベル15

ECOマスターを目指すサトシっちと旅を続けてオンコチシティでの

ジム戦に挑むところピカ☆

 

オンコチ川を渡り、ついにジムへ来た!

 

「頼もぉ〜うだぜ!!」

 

ギギギギぃぃ〜〜  ゆっくりと内側から扉が開いた。

 

「挑戦者よ!入るが良い!!!」

 

「行くぜ!ジムバッジゲットだぜ!」

 

『頑張るピカ!!』

 

「。。。。」

 

ぴか子とサトシっちが入って行くと、ぞろぞろとじいさんのボケもん達も

無言のままついて来た。入って行くと奥が広場になっている。

 

『ここがバトルフィールドピカね!腕がなるピカピカ!』

 

「オンコチシティジムリーダー、ハンゾー様の入場〜!!」

 

f:id:pikapikako:20151025000224j:plain 

「ワガハイがハンゾーじゃ。挑戦者はそなたかな?」

 

「オレ、マチャラタウンのサトシっち! 挑戦します!だぜ!」

 

「ではオンコチシティジムのジム戦ルールを発表する!

ジムリーダーハンゾー様の使用ボケもんは1体!

挑戦者は3体使って良い!どちらかの全てのボケもんが

戦闘不能になった時点で勝負ありとする!」

 

「3対1か(笑)能力の高いオレ様が出るまでも無いッパー

トレーナーさんよう、ザコ3体でチャチャっと済ませて

メシにしようっパー。」

 

『????!! ザコってぴか子も入れたピカか?』

 

「。。。。へ〜い」

 

『????!! へ〜いって!ガリラミもモジャモジャンボ

悔しくないピカか??!』

 

f:id:pikapikako:20151108233149j:plain

 

「スリッパーに逆らってもコインキングは当然知らんふりで助けてくれないし、

イジメられるのはまっぴらラミ、自分さえ我慢して適当にやってればいいラミ」


 「わいもそう思いまんねん、適当にやりまっさ」

 

ピコピコ〜ン♫

ピカ子はレベル16にあがった!


ぴか子は「 腐ったリーダーはチームを腐らせる」を覚えた!

 

「じゃあせっかくだからじいさんのボケもん3体の実力も見たいし、

モジャモジャンボ、ガリラミ、スリッパーの順で行くぜ!

準備してくれだぜ!」

 

「能力の高いオレ様を使う気っパー?! だり〜っパー

お前ら、オレ様まで回すなよ!回したら判ってるなっパー」

f:id:pikapikako:20151108233223j:plain 

 「それでは ジムリーダー ハンゾーと挑戦者サトシっちのジム戦を始めます!」

 

ついに始まったオンコチシティジム戦!

勝負の行方はどうなるのであろうか?

 

つづく