読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第21話 オンコチジム 2度目の挑戦!

ピっカー☆

あたいはぴか子電気系ボケもん レベル21

 

ジムリーダーハンゾウへの2回目の挑戦のため、オンコチジムまで

やってきたところから今回の話は始まるピカピカ☆

 

「ハンゾーさん! サトシっちです! また挑戦に来ました!」

 

「ハッハッハ!チャレンジャーよ!よく来たな!」

f:id:pikapikako:20151221192231j:plain

 

「よろしくお願いしますだぜ!」

 

「それでは、ジムリーダーハンゾー様と挑戦者サトシっちのバトルを

開始します。ハンゾー様の使用ボケもんは1体。

挑戦者サトシっちの

使用ボケもんは3体とします。 

どちらか一方のボケもんが全て 

戦闘不能となればバトル終了です。

それでは始めてください!」

 

『ピっカ〜☆アタイにやらせてピカ☆』

 

「よし、ぴか子!きみに決めた!行けっぴか子」

 

「ワッハッハ  チャレンジャーよ、少しは私を楽しませろよ。

迎え討て〜!サマヨイナイト!!まずはシャドーキックじゃ!」

 

「かわせぴか子!かわして電気ショック!」

 

f:id:pikapikako:20151222195257j:plain 

『ピっカ~!』

 

ビリリっ!

「少しはやるのうチャレンジャー!

ならばサマヨイナイト、

スピードを上げて連続シャドーキックじゃ!」

 

「かわせぴか子!あっ。。」

 

バコっ!

 

『無理ピカ!避けきれないピカピカ!』

ベキっ!ボコっ。

 

『ギャーっピ~カ~~!!』

 

ボカっ、ベコっ!バッコン!!

「ぴ、ぴか子、大丈夫か?! 一度距離をとって立て直せ!」

 

『ピっカ~☆ はぁ、はぁ、危なかったピカピカ。。』

 

「わっはっは。どうじゃチャレンジャー。降参するか??」

 

「負けるもんか!ぴか子!ものまねで連続シャドーキック!!」

 

『ピカピカピカピカぁ~~!』

 

「バカめ、そんないい加減な攻撃があたるもんか!

サマヨイナイト! 本家本元のハイスピード連続シャドーキックを

見せてやれ! イケぇ~~い!!」

 

ドドドド~ン!!

『ぎゃふ~んピカ~~~(泣)』

 

ピコピコ~ン♪ ぴか子はレベル22に上がった!

ぴか子は「外見だけコピーしても品質は怪しい」を覚えた!

 

『ダメピカ~ どうしよう~~~』

 

「ぴか子!特訓の成果を見せるのは今だぜ!! ハゲぶんしん!!」

 

『わかったピカ!ピカピカピカピカ~~』

ぴか子はすごい光に包まれた!!

 

「うおっ!すごい光じゃ!!前が見えん!!何とかせい!サマヨイナイト!」

 

「いいぜ!ぴか子!相手は戸惑ってるぜ!今日は12,000K(ケルビン)位

出てるように見えるぜ!

しかも光の強さは1,000ルーメン位出てるぜ!

その調子でサマヨイナイトにうまく接近して

11万ボルトを最大パワーで打ち込んでやれ!」

 

f:id:pikapikako:20151223182622j:plain

 

『ピカピカピカピカ ぴか子ぉ~~~アタぁ~~っク!!!』

 

ビリビリビリビリ ドっっカ~~~~ン!!!!!

 

「むがぁ~~~」パタっ。

 

サマヨイナイトは倒れた。

 

「サマヨイナイト、戦闘不能! よって挑戦者サトシッチの勝ちです!」

 

「やったぜ!ぴか子!よく頑張った!」

 

『ピっカー☆ ハゲぶんしんは女子にはちょっときついワザだから

あまり使いたくなかったピカ(笑)  でも勝てて良かったピカ☆』

 

「よくやったのう チャレンジャー、これがオンコチジム戦勝利の証

オンコチバッジじゃ。受け取れぃ!」

 

「オンコチバッジ!ゲットだぜ!! ハンゾ―さん!ありがとうございました!」

 

「わっはっは!精進して次のジム戦も勝ち抜いてゆけい、さらばじゃ!」

 

オンコチジム戦に勝利したぴか子たち一行はジムを後にした。

 

「ドスコイっ。ぴか子すごかったドスコイっ。あっしも途中から

見えてなくて最後どうなったのか見れなかったドスコイ。」

 

「ごにょごにょごにょ。。」

 

「じゃあみんな!まずはオンコチ大橋まで出発だぜ!」

 

『ピっカ~~☆』

「ドスコイ」

「ごにょ。。」

 

ぴか子の活躍で最初のジムバッジを手に入れたサトシっち。

次はどこへ向かうのか?

 

    続く