読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

23話 転がれペロペロリーム

ピっカー☆ あたいはぴか子、電気系ボケもんレベル23

 

モケット団の罠にハマってしまい、大ピンチに陥ってしまったところから

今回の話は始まるピカ☆

 

 

「ピンチだぜ、ぴか子、コインキング、バンチョーは毒ダンゴで動けねえ、

俺も力を入れたら出ちまいそうだぜ   (;´Д`)」

 

「お〜っほっほほぉ。私たちモケット団の大チャンスよん♡」

 

「待つゴニョ!おいらが許さないゴニョ!」

 

「何をどう許さないのかしらん?」

 

「。。。ゴニョ。」

 

「ゴニョゴニョ!もういいぜ!下がってくれ!

ペロペロリーム!行けるか?だぜ!」

 

「え〜 私? 私何にもわからんから何とも言われへんペロ〜」

 

「いいから転がる攻撃であの草ヘビニョロニョロの動きを

止めるんだ!」

 

「やってみるペロ! ペロペロペロペロリ〜ん!!」

 

f:id:pikapikako:20160203192859j:plain

 

ペロペロリームは円を描いて転がりはじめた。

 

「ニャニャ?あいつはどこ狙ってるニャ?ぜんぜん怖くないニャ(笑)」

 

『ピカピカ!ペロペロリーム!早く攻撃しないと負けちゃうピカ!

ちゃんと狙って攻撃するピカピカ!』

 

「もしかしてペロペロリームは加速してる作戦かもだぜ!加速すると

ぶつかった時の破壊力が上がるんだぜ!」

 

『ピカピカ?』

 

慣性の法則っていうんだぜ!」

 

 

f:id:pikapikako:20160204193224j:plain 

 運動の第一法則

外から力を加えなければ、止まっているものは止まり続ける。

動いているものは動き続けるという原則が運動の第一法則、

通称、慣性の法則というんだぜ!

 

スピード、または重量が上がれば運動量が上がるんだ。

運動量は  p⃗ = mv⃗  

元々重量のあるペロペロリームの速度が上がるということは、

それだけの運動量が慣性として働き、ぶつかった時の破壊力は

超スーパーヤバいかもだぜ!

 

『ピっカ〜☆!! 慣性の法則、恐るべしピカピカ!

頑張れペロペロリームピカ〜』

 

ピコピコ〜ん♫

ぴか子はレベル24に上がった!

ぴか子は「慣性の法則は怖ろしい」を覚えた!

 

 

 

モケット団の罠にハマってしまったぴか子と仲間たち。

頼りはペロペロリームだけだが、転がる攻撃でピンチを脱する事は

出来るのだろうか?

 

次週に続く☆

f:id:pikapikako:20160204204546j:plain