読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第24話 ゴニョゴニョ、初めての必殺技!!

ピっカ~☆

あたいはぴか子、電気系ボケもんレベル24。

いつもは元気ピっカピカのあたいだけれど

今はモケット団の罠でピ~ピ~にされてしまって

動くに動けないピカピカ。


頼りは好き嫌いを言って罠にハマらなかったゴニョゴニョと

罠にハマっても大丈夫だったペロペロリームだけピカ。

 

「行け!ペロペロリーム!モケット団に転がる攻撃だぜ!」


「ペロペロ~ん!」 


ゴロゴロゴロゴロぉぉ~~

バッキ~~ん!! どか~ん!!


「やな感じにょろ~ん!!」


草ヘビはぶっ飛ばされてどこかへ飛んで行った。。。

 

フニャ~スは間一髪避けたが もサシは巻き添えを食って

一緒にぶっ飛ばされた!!


「やな感じ~ウッフ~ン!」

f:id:pikapikako:20160211200359j:plain

 

残るはフニャ~スただ一人だがフニャースは持ち前の運動神経で

すべてかわしてしまった!

 

「目が回るペロペロ~~~」ペロペロリームは転がり続けていたので

ついに目が回って戦闘不能だ!!


f:id:pikapikako:20160211200416j:plain

 

「よくやったぜペロペロリーム!!あとはぴか子!行けるかだぜ?!」


『む、むりピっカ。。動いたら出ちゃうピカ。。。』


「じゃあコインキング?!行けるかだぜ?」


「もちろん何もしたくないコイン」


「??!!!?」

 

ゴニョニョ~ン!おいらにまかせるゴニョ!!」


「まだ戦闘技が何もないゴニョゴニョをバトルに出せないぜ!」

 

『ピカピカ!あたいが電気をあげるからそれを使って戦うピカ!!』


「それは名案だぜ!!行け!ゴニョゴニョ!」


『まずは下敷きを用意するピカ!』


「わかったゴニョ!」


『頭にゴシゴシするピカ!!』


「わかったゴニョ!」


ゴシゴシゴシゴシ

f:id:pikapikako:20160211201200j:plain


「ゴニョ~~ん、何だか髪が下敷きに引っ張られてきたゴニョ!」


「そいつは静電気って言うんだぜ!!」

 

静電気とは

摩擦電気などで起こる現象で一瞬の電子の移動の後、電子が止まった状態での

電気現象なんだぜ。


下敷きをゴシゴシした摩擦エネルギーに寄ってゴニョゴニョの頭の表面から

電子が引き剥がされ、下敷きに乗り移る。


負(➖)の電気を持つ電子を失ったゴニョゴニョの頭は正(➕)に帯電し、

電子が過剰になった下敷きは負に帯電する。


ゴニョゴニョが髪を引っ張られたように感じたのは、正に帯電した頭と

負に帯電した下敷きが磁石のように引き合っているという事なんだぜ。

 

ゴニョゴニョの頭と下敷きはどちらも「絶縁体」なので帯電しやすい性質なんだ。


絶縁体ってのは電気を通しにくい物質を言い

逆に電気を通しやすい物質は導体っていうんだぜ!

 

 

ピコピコ~ン♬

ぴか子はレベル25に上がった!

ぴか子は「静電気の仕組み」を覚えた!

 

『ゴニョゴニョ!あたいの電気ショックも受け取るピカ!!』


ビビビビビ~~~リビリビリ

ゴニョニョ~ん、帯電スパーク100%ゴニョ!」


「いいぞ!ゴニョゴニョ!ゴニョゴニョ、そのまま

フニャ~スに体当たりだぜ!!!」

 

「ゴニョゴニョゴニョゴニョ~~ン!アタぁ~~っク!!!」


ど~~ん!! パチパチ~ン!!


「フニャ~~!!! しびれる~~~やな感じ~~~!!」


フニャ~スはどこかにぶっ飛ばされていった!!!

 

「やったぜ!!ゴニョゴニョ!よくやったぜ!」


「コイ~ン!ゴニョゴニョは最強コイン!天才コイン!」


f:id:pikapikako:20160211201658j:plain

 

『と、とにかく早くどこかトイレに急ぐピカ。。。』

 

危うくモケット団の罠でやられそうになったが、

ペロペロリームとゴニョゴニョの活躍でピンチを脱した

ぴか子と仲間たち。

 

まだまだ冒険は続く!