読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第27話 SSSSS

ピっカ~☆ 
あたいはぴか子、電気系ボケもんレベル27

 
ECOマスターを目指すサトシっちとマチャラタウンにホタルを呼び戻すための旅の途中ピカピカ☆ 

『ピカピカ☆ かっこいい基地も出来たピカね☆みんなに部屋があるなんて嬉しいピッカ☆ アタイはこの部屋がいいピカ☆』 


「エヘっわたくしは2階のこのお部屋いただきたいですエヘッ」 

「よしっ!全員自分の部屋をゲットしたかだぜ?」 


「は~い☆」 

「じゃあみんな!カニャンタウンのジムリーダーに挑戦するための作戦を立てるぜ!基地の前に集合してくれだぜ!」 


ドドドドドドドド 
ズルッ!


f:id:pikapikako:20160305150354j:plain

「ギャー!!でおまんねんっパッパ!」 


ゴロゴロゴロゴロ 
どっし~ん!! 


ルンルンパが階段を踏み外して転げ落ちてきた。 
「大丈夫か?ルンルンパ!慌てるなだぜ」 


「違いまんねん!ペロペロリームが階段に荷物を置きまくってるからそれにつまずいたっパッパ! ひどいっパッパ!危ないから片付けてパッパ!」 


「キャー!」


『ピ~カ~!!』 


「ど、どどすこ~い」 


ゴロゴロゴロゴロ 


どっか~ん! 

ヌー子、ぴか子、バンチョーも転げ落ちてきた! 


「い、痛いでございます。階段に物が積んであって危ないでございますエヘッ」 


『ピッカ!何あの荷物!全部捨ててしまうピッカ!』

「待つコイ~ン!」

f:id:pikapikako:20160305151250j:plain


コインキング、ペロペロリーム、ゴニョゴニョは引っかからずに器用に下りてきた。 


「ゴニョ~オイラたちは毎日馴れてるから大丈夫ゴニョ。みんなそそっかしいから落ちるゴニョ」 


「? ? ! 何ででんねん!意味わかりまへんわ、パッパ~っと片付けたら危なくないでんがなパッパ」 


「その通りでございますわ、階段はタンスではございませんですよエヘッ」 


「コイ~ン。せやかて~いつもこうしてるし気をつけて下りたら大丈夫コイン、ペロペロリームは悪くないコイン」 

「こらこらケンカするなだぜ、ここは「5S」でいこうだぜ」 


「5Sって?ピカピカ?」 


5Sとは 
整理 整頓 清掃 清潔 躾

SEIRI,SEITON などそれぞれの頭文字がSのものが5つあるから5Sっていうんだぜ。 

整理  要るものと要らないものを区分けして要らない物を排除すること。


整頓  必要なものを誰が見てもすぐに取り出せるように使いやすく分別する事だぜ、使用する頻度に応じて分別しておくと効率が良い。 


清掃  足元その他キレイに掃除しておく事。余計なところで滑ったりつまずいたりのリスクを回避できる上、ゴミの混入なども防ぐことができる。

清潔  服装、道具、通路など全て清潔にしておく事によって衛生的に良い、また異常がすぐに発見できるなどの効果が期待できる。


 厨房などで料理人などが全身白の服装をしていたりするのがこれに当たる。 

躾  ここまでの事をしっかりみんなで意識を統一して自ら継続していけるように教育していくこと 


ピコピコ~ん♪   
ぴか子は「5S」を覚えた! 
ぴか子はレベル28に上がった! 

『ピっカ~☆5Sってすごいピカ、早速みんなで実践するピカ!』 


「パッパ~とやりまひょ~!」 

ぴか子、ルンルンパ、ヌー子、バンチョーはみるみるうちに階段をキレイにしていく。 


基地の前にはゴミの山ができた! 

f:id:pikapikako:20160305152343j:plain


「このゴミはいつかもしかして使えるかもコイン。置いとくコイン」 


f:id:pikapikako:20160305153036j:plain

「階段に戻しとくゴニョ。とりあえず黙って置いとけば整頓は誰かがやるゴニョゴニョ」


 「その通りコイン、ボクたちがいつか使うかもしれない貴重なゴミは下っぱが整頓してキッチリ管理しとけばいいコイン、エコなボクたちコイ~ン☆」 


「パッパと片付けたゴミがこっそり戻されてまんがな!自分らで整理も整頓もできんくせに余計な事だけコソコソすんなパッパ!」 


『ケンカしないでピカ!だったらぴか子が全部整理してやるピッカ!   

ピッカピカピカピカピカ~ぴか子ぉ~アタぁ~っク!』 


f:id:pikapikako:20160305153603j:plain

ドカカ~ん!! 

「どどどすこい??!!階段が全部ふっとんだドスコイ。。。」 


「コイ~ン!なんて事するコイン!ぴか子は問題行動が多いから気をつけるコイン!」 


「ゴニョゴニョゴニョゴニョニョ。。」 

「ギャハハ!ぴか子おもろ過ぎるパッパ!パッパと片付いたから良かったパッパ!」 


「でも自分の部屋まで行けないのはさすがに困りますわエヘッ」 


「ペロペロ~んみんなケンカしちゃ嫌よペロ」 




「うるさ~い!もういいぜ!部屋にはそれぞれハシゴを使って行くようにすればいいぜ、それならもう階段をタンス代わりにも使えないから危なくないしケンカにもならないぜ」 

『ハシゴとか基地らしくてカッコイイピカ!』


「わてら特戦隊はすぐに出撃できるようにのぼり棒にしまっパッパ!」 


「コイ~ン、ボクは知らないお客さんとか来たら怖いから階段は上げて置くコイン、こっちが必要な時とショッピングの時だけ下りていくコイン」 


「よし!基地の事はここまでにしてジムに挑戦だぜ! ぴか子!特戦隊の二人とバンチョーは準備してくれ!コインキングは留守番頼むぜ!」 


「コイ~ン!ペロペロリームは一緒に留守番コイン!ハシゴは上げておくコイン。」 


「そ、それは任せるぜ、ゴニョゴニョはどうする?」 


「面白そうだから行くゴニョ」 


「ペロペロ~ん、心配ペロ~やめとくペロ~」 


「大丈夫だぜ!仲間もみんな行くんだぜ、そんなゆとり教育じゃ一人で何もできないボケもんになっちゃうぜ、本人も行きたがってるし連れてくぜ」 

『じゃあ行ってきますピっカ☆』 


「みんな!出撃だぜ」 


「お~!」 


カニャンジム挑戦に出発した一行、バッジはゲットできるのだろうか? 

物語はまだまだ続く