読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第31話 サルフェーションの恐怖

あたいはぴか子☆電気系ボケもんレベル31

 

前回、サルフェーションってのを貯められて、

元気を出せなくなったところを攻撃されて

戦闘不能になっちゃったあたいは、

涙を拭きながらプライゴンとヌー子に後を託し、

バッジゲットに向け精一杯の声援を送っているピカ☆

 

「行け!プライゴン、ヌー子!地面系ボケもんのお前たちなら

電気攻撃は全部アースしちゃって無効にできるぜ!

頼んだぜ!」

 

f:id:pikapikako:20160327113330j:plain

 

「お任せ下さいませ!特戦隊エースのわたくしめが

誠意を持ってギッタギタに叩きのめしてまいります エヘ」

 

「コホン。ご期待に添えるよう、精一杯やらせていただきます」

 

『ピカピカ〜☆ 何だか2人とも言葉使いが丁寧でカッコいい!

何だかすごいピカピカ☆やっつけちゃえピカ☆』

 

 「プライゴン!あなをほる!ヌー子はコンセントンに

スピードスターだぜ!」

 

しゅびびび〜ん!

ヌー子の素早いスピードスター攻撃がコンセントンを襲う!

 

「どうだだぜ!電気攻撃でない攻撃は予測不能だろだぜ!」

 

f:id:pikapikako:20160327105940j:plain 

ドッカ〜ン!!

ヌー子の攻撃に怯んでいたコンセントンの足元から

プライゴンがあなを掘って出てきた!!

 

あなをほる攻撃が直撃したコンセントンは倒れた!

 

「がっはっは!なかなかやりよる。

戻れ!コンセントン!行け!ビリリコング!」

 

「コホン。今のコンビネーション、見ていただけましたか?

次のご指示はいかがされますか?」

 

「もちろんイケイケだぜ! プライゴンは続けてあなをほる!

ヌー子はデンキブーにドロばくだん!」

 

「がっはっは!同じ手は食わん、地面対策など当然できておるわい!

デンキブー、ビリリコング!ヌー子に集中攻撃!

メガソーラービームじゃ!!草刈りもおまけしておくぞい!」

 

f:id:pikapikako:20160327112446j:plain

 

「わ、わ、わ、その恐怖の攻撃は!!しゃちょ。。。

いや、サトシっちさんのトラウマでございませんか?。エヘ」

 

「ヌー子!危ない!よそ見すんなだぜ!  あっ!」

 

「キャ〜〜でございますぅぅ〜〜 エヘ(泣)」

ヌー子はメガソーラービーム、草刈り付き攻撃を受けて倒れた。

 

「がっはっは!ヌー子は戦闘不能じゃ、デンキブー、ビリリコング!

集中攻撃で穴から出てくる赤メガネをモグラ叩き準備じゃ!」

 

「しまった!プライゴン!危ない!気を付けろだぜ!

ヌー子は良くやった、戻れ!   行けバンチョー!プライゴンを

助けるんだだぜ!」

 

「ドスコ〜イ!! お、おらに任せろドスコイ」

『バンチョー頑張るピカ〜☆』

 

「バンチョー!頼んだぜ!ばかぢから攻撃でビリリコングを

振り回せだぜ!」


「お、お、オラオラオラオラ!」


ぐるんぐるん! バンチョーは頑張っている!


「ええぞ〜!バンチョー!パッパといてこましたれ!」

 

「がっはっは!バカものめ、ビリリコング!放電じゃ!」


f:id:pikapikako:20160330212517j:plain


ビビビビビ〜!


「ギャ〜!し、しびれるドスコ〜イ。。」


「がっはっは〜のはぁ〜!デンキブー!トドメを刺せ!」


「今だぜ!プライゴン!デンキブーに攻撃!」


ドッカ〜ン!   バンチョーに気をとられていたデンキブーに

プライゴンの攻撃が直撃!


バンチョーとデンキブーが倒れた!


「バンチョー!プライゴン!良くやっただぜ!

バンチョーは戻れだぜ!」


「がっはっは!やりよるのう、デンキブーは休んでおれ。」

 

「あとはビリリコングだけだぜ!ルンルンパ!プライゴンの

あ、あれ?ルンルンパはどこ行った?」


「パッパ〜っと参上!!ルンルンパ〜ンチ!」


ルンルンパは指示の途中で飛び出してもう攻撃している!


「ま、待て!ルンルンパ!そいつに触れちゃ危ないだぜ!」

 

ボカ〜ン!ルンルンパンチが炸裂!

しかし、、、ダメージを受けたのはルンルンパの方だ!


「しびれルンパ〜〜」


f:id:pikapikako:20160330213203j:plain

 

「がっはっは!こっちのボケもんはサルフェーションがたまれば

特許番号0621の秘密兵器パチパチボッカンで再生じゃ!

疲れ知らずで電気が出せるぞい!」

 

「コホン。あれはやっかいですね。しかし今は2対1まで

持ってこれました、あと一息でバッジゲットです。

ルンルンパさん、踏ん張って下さい!

私も精一杯頑張らせていただきます。」


『頑張るピ〜カ〜☆2人とも〜☆』

 

プライゴンは疲れが出ている。

ルンルンパはしびれまくっているようだ。

 

ビリリコングはパチパチボッカンで疲れ知らず??

ん? 実はそうとう疲れているようだ。

 

「行け!2人とも!  相手も疲れてるぜ!」


「がは?おかしいぞい、ビリリコング、どうした?」


「ビリリん、回復はするけどすぐにまたサルフェーションが

溜まってるみたいで疲れるビリリん」


「がは?なぜじゃ?机上の計算では疲れないはずじゃ。。。

気合いじゃ、なんとかせい!がっはっは!」

 

「あの秘密兵器は計算だけで実証実験ができてないみたいだぜ!

ルンルンパ!スピードスター!  プライゴンはあなを掘る攻撃!」

 

 

ピコピコ〜ン♪

ぴか子はレベル32に上がった!

ぴか子は「実証実験データが無ければ効果は怪しい」を覚えた!

サトシっちも覚えたようだ(笑)

 

ルンルンパのスピードスターにはしびれの影響でいつもの

スピードが無い。。。メチャクチャに飛んでいく。。。

しかしそれに気をとられたビリリコングに

プライゴンのあなを掘る攻撃が炸裂した!

 

f:id:pikapikako:20160330214427j:plain

ボカ〜ン!!!

 

ビリリコングは倒れた!

同時にてきとうに発射したルンルンパのスピードスターが

カミナリッツに命中!!

 

「ギャ〜〜〜」

カミナリッツも倒れた!

 

「お、おい。トレーナーを狙うのはダメだぜ(笑)

まぁいいぜ、おれ達の勝ちだぜ、早く起きてバッジよこせだぜ」

 

「がは。。。トレーナーを狙いよって、

電気のことなんて何も判ってないお前らにバッジは渡さんぞ」

 

「そ、そんな〜だぜ、バッジよこせだぜ。」


「がっはっは!いや、実はバッジの権利はもう

他の者に売ってしまったのでここには無いのじゃ!

ハビキシティの女ジムリーダーが持っておるから

そこを訪ねるのじゃ!がっはっは!」

 

「がっはっはじゃね〜ぜ!  ぴか子! 、11まんボルト!」


f:id:pikapikako:20160330220020j:plain


『ピカピカピカピカぴか子ぉ〜〜〜アタぁっク!!』

 

ビリリリリ   ボッカぁああン!


「ぎゃふん!覚えとけ〜がっはっは!」

カミナリッツはぶっ飛んで行った。

 

「コホンっ。とんだくたびれ損になりましたね〜。

とにかくまずは基地へ帰るとしましょう。コホン。」


「なんでしてんあのオヤジは。パッパと帰りまひょ。」


『帰ろピっカ☆』

 

ジム戦には勝利したがバッジはゲットできなかった一行。

「あんまりだぜ〜〜」


サトシっちの叫びがカニャンタウンにこだましていた。

 

つづく