読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第35話 新しい仲間ざんす

ピっカ〜! あたいはぴか子、電気系ボケもんレベル35☆

あたいたちは今度こそ2つ目のバッジをゲットするため、

ハビキシティへと向かっているところピカ☆

ジムはもう目の前、腕が鳴るピカピカ☆

 

ジムの近くまで進むと なんだか聞きなれない音が聞こえてきた。

 

コンコンコンコン。。

 

『なんの音ピカピカ?』

 

「コホン。キツツキか何かの音ですかね?」

 

「ワテらがパパ〜っと見てきまっパ!行くで〜ヌー子!」

 

「ガッテンですわ。エヘ」

 

ピュ〜〜ン     特戦隊は音の方へと消えて行った。


f:id:pikapikako:20160507133303j:plain


しばらくするとヌー子が帰って来た。

「報告いたします。ボケもんが家を建てている音でございました!

飛行系のボケもんが力持ち系のボケもんと2人でやってますです。エヘ」

 

「コホン。それでルンルンパはどうしましたか?」

 

「2人を仲間にするって言ってバトルを仕掛けたでございます。エヘ」

 

ゴッホ、ゴホンっ。またそんな無計画な。。。(ー ー;)

サトシっちさん!何とか止めて下さい!コホン。」

 

「面白そうだぜ!オレ達も行こうぜ!」

 f:id:pikapikako:20160507135823j:plain

「??!?!?!??        コホコホン!!  マジすか?!

 

わ、わかりました!では2人をゲットする作戦を立てましょう」

 

「頼むぜ!プライゴン!仲間を増やしてバッジもゲットだぜ!」

 

「それではさっそく向かいましょう。案内いたしますわ。エヘ」

 

「頼むぜ!ヌー子!ルンルンパを早く応援に行かなきゃだぜ!」

 

「あ、あの辺りでございますわ。エヘ」

 

「おお〜〜いっパ!サトシっちはん遅いでっせ〜」

 

ルンルンパがドヤ顔で手を振っている。

 

「どうした!ルンルンパ、大丈夫だったか?だぜ」

 

「見ての通りっパ。お二人さん、自己紹介するっパ」

 f:id:pikapikako:20160507132708j:plain

「親方ざんす。飛行系ボケもんざんす。大工仕事が得意ざんす。」


「ボクはワニンコだワニ。力持ちの水系ボケもんだワニ。」

 

「そういうことでパっパ〜っと仲間になるよう説得済みっパ」


「そういうことかだぜ! オレマチャラタウンのサトシっち!

よろしく頼むぜ!」


「コホン。計画性がなさ過ぎてビックリですが、そういうのも

嫌いではありません。では改めてジムへと急ぎましょう」


『ピカピカ☆仲間も増えて大勝利間違いなしピカ!』


「パッパ〜っと行きまひょ!」


「わたくしめに行かせてくだされば間違いなしですわ。エヘ」


「ワシらようわからんけどとにかく頑張るざんす」


「ボクも行くワニっ」


「コホン。しっかり気を引き締めてよく考えて行きましょう。コホン。」


「とにかく行こうぜ!バトルしようぜ!ゲットだぜ!GO!」

 

6人編成になり賑やかになった一行は、ハビキシティジムへと進む。

 

  

「コホン。到着したようです。ここがハビキシティジム。

では挑戦のための手続きをしてまいります。」

 

「頼むぜ、プライゴン!バトルしようぜ!ゲットだぜ!」

 

「お頼み申します。私たちはマチャラタウンのサトシっちと

そのボケもんのチームです。バトルを申し込みにまいりました。」

 

「オッケー☆  入っておいで☆」「オッケー☆  入っておいで☆」


中から重なった声が聞こえてきた。

f:id:pikapikako:20160415195310j:plain

 

「こんにちは!オレ、マチャラタウンのサトシっち!

バトル挑戦にきました!ゲットだぜ!」

 

「ここのジムリーダーは私たち」「ここのジムリーダーは私たち」

「私、カチン」「私、コチン」

「勝負はダブルバトルよ」「勝負はダブルバトルよ」

 

「息ぴったりでスゴイだぜ!でもオレ達だって負けないぜ!」


『ピっカ〜☆ 今度こそサトシっちにバッジを渡すピカ!

そ、それにしてもここ、すごく寒いピカ。。何だか電気のパワーが

出なくて元気が出ないピカピカ。。。』


「コホン。それは低温時分子が移動しにくくなることで、

電気が発生しにくい環境になり、電気系ボケもんのぴか子さんは

元気が出にくいと考えられます。コホン」

 

ピコピコ〜ン♪

ぴか子はレベル36に上がった!

ぴか子は「温度変化に電気のパワーは左右される」を覚えた!

 

ハビキシティでの戦いが始まろうとしている。

見事二つめのバッジをゲットすることはできるのだろうか?

 

つづく