読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第36話 氷使いのカチンコチン

ピっカ~☆ アタイはぴか子。電気系ボケモンレベル36!

サトシっちと旅を始めてここまできたピカ☆

今から氷使いのジムリーダー カチンとコチンのペアとの

ダブルバトルが始まるピカ!

 

「それでは!ジムリーダーカチン コチンとチャレンジャー

サトシっちのバトルを開始します!!」

 

「行きなさいユキンコ!」「行きなさいジュヒョウ!」

 

「オレたちも行くぜ!」

 

「パっパ~!と行くッパ」『任せてピっカ!!』

 

ルンルンパとぴか子が飛び出そうとしている!

 

f:id:pikapikako:20160522182332j:plain

 

「コホン!おふた方!お待ちを!計画通りにしないと。。」

 

プライゴンがあわてて二人を止めようと飛び出してしまった!

 

「チャンスよユキンコ」「チャンスよジュヒョウ」

れいとうビーム!」「ふぶき!」

 

ビビビビ~~~ ひゅうぅぅぅ~~~

ピキピキ~~ン

プライゴンの背中に攻撃が直撃!

プライゴンは凍りついてしまった!!

 

f:id:pikapikako:20160522182807j:plain

 

「うわっ!!だぜ!!いきなりプライゴンをやられてしまったのは

痛すぎるぜ! ぴか子!ルンルンパ! 一旦ひっこめだぜ!」

 

ピコピコ~ン♪

ぴか子はレベル37に上がった!

ぴか子は「集団戦で作戦と連携は大切」を覚えた!

 

『ごめんピカ!張り切り過ぎたピカ!!』

 「パ~~!!わいとしたことが!!すんまへんプライゴンはんッパ」

 

「気を取り直していくぜ! 行け! オヤカタ!ワニンコ!」

 

「任せるざんす!」

「行ってきますンコ!」

 

「うふふ。氷の世界を見せてあげますわ」「うふふ。氷の世界を見せてあげますわ」

 

 「負けるもんかだぜ!オヤカタはジュヒョウにクギうち攻撃!

ワニンコはユキンコにかみつく攻撃だぜ!!」

 

f:id:pikapikako:20160522183449j:plain

 

オヤカタはジュヒョウにクギを打ち込んだ!

キレイに等間隔に打ち込んでいる。きちょう面で仕事が丁寧だ!

2本目、3本目とつぎつぎ打ち込んでいく!

ジュヒョウは苦しんでいるようだ。

 

ワニンコはユキンコに素早くかみついた!

ユキンコは痛がっている!

ワニンコは。。。次の指示を待って攻撃をやめてしまった。

不安そうにサトシっちを見ている。

 f:id:pikapikako:20160526211131j:plain

「ジュヒョウ、振りほどいて反撃よ」 「ユキンコ、距離を取って反撃よ」

 

ジュヒョウはオヤカタを振りほどこうとしているが、

オヤカタの打ち込んだ釘は簡単には外れない!!

 

ユキンコはワニンコの攻撃から逃れ、れいとうビームを撃ちこんできた!

ビビビビ~  

「寒い~~ンコぉぉ!!」

ワニンコは凍り付いてしまった!!

 

「戻れワニンコだぜ!!、行け!ぴか子!ユキンコに11まんボルト!

オヤカタはジュヒョウに続けて攻撃!だぜ!」

 

『任せるピッカ!!ぴかこぉぉぉ~アタぁ~~っク!!』

ビリリっ。。ぷすん。

「何やってんだだぜ!ぴか子、それじゃ~1.1ボルトくらいだぜ!」


f:id:pikapikako:20160526211146j:plain

『あれれれピカピカ? 寒さでバッテリーが上がっちゃってるピカ。。』

ぴか子は苦戦している。。

 

「クギクギ〜打つザンス、打つザンス〜☆」

トンテンカントンテンカン!

オヤカタはリズミカルに打つ!打つ!

ばったぁ〜ん!!ジュヒョウは倒れた!

 

「ユキンコ!れいとうビーム」「ジュヒョウ!戻って、代わってトドッコ!」

ビビビ〜  ぴか子をれいとうビームが襲う!

『ピ〜カ〜!寒いピカ!』

 

寒くて元気が出ない上、 れいとうビームで凍えちゃうというピンチで

ヤバいピカピカ。

でもでも次回は大活躍の予定ピカ☆

次回も絶対見るぴかよ     o(≧▽≦)o 

 

つづく