読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第38話 バッジの行方

あたいはぴか子 電気系ボケモン☆ レベル38。

二つ目のバッジゲットを目の前に、アイスバトルの真っただ中ピカ☆

 

「ぴか子!ヌー子!残るはシャービクン1人だぜ!

一気に片付けちまおうぜだぜ!」

 

『任せるピカ☆』

「お任せください!精いっぱい頑張ります!エヘ」

 

f:id:pikapikako:20160616221630j:plain

 

「そうはいきませんよ」「そうはいきませんよ」

「シャービクン!ふぶき!!」

カチンとコチンの息はぴったりだ。

 

 

「ヌー子!連続ドロダンゴで迎え撃て!

ぴか子はかげぶんしんでかわしながら体温を上げるんだ!」

 

「構わず猛ふぶきよ」「構わず猛ふぶきよ」

 

「負けるな!2人とも!そのまま耐えるんだだぜ!」

 

「だ、だ、大丈夫です!まだまだいけるでございます。エヘ」

『ピカピカ〜息が上がってきたピカピカ〜』

 

 「さらに連続猛ふぶき!」「さらに連続猛ふぶき!」

 

ヒュ〜〜〜〜〜

ものすごい暴風雪が2人を襲う!

 

「あわわわわ〜〜負けないでございますよ、エへ」

『ピカ〜〜体温はじゅうぶんに上がってきたピカ!

でも体力が限界ピカ〜〜』

 

 「ヌー子!さらに大きなドロダンゴをもっと早くだぜ!」

 f:id:pikapikako:20160616235426j:plain

「え?!こ、これ以上は、、、いえ、やります!

弱音は吐きませんでございます!エヘ」

 

「ぴか子はかげぶんしんのままシャービクンに近づくんだ!」

 

『ピカ!向かい風がすごいけどなんとかやってみるピカ!』

 

「シャービクン!吹き飛ばしちゃえ!」「シャービクン!吹き飛ばしちゃえ!」

 

ヌー子は汗だくで頑張ってドロダンゴを投げ続けている!

 

「ふぶきの中なのに暑いでございます!まだまだです!エヘ」

 

ぴか子はシャービクンの目の前まで前進した!

「行け!ぴか子!11まんボルトだぜ!」

 

『ピカピカピカピカピカ子ぉぉ〜〜アタぁ〜っク!』

 

ビリビリビリビリビリビリビリビリ、どっかぁ〜ん!!!

ぴか子の11まんボルトがシャービクンに直撃!

 

「シャービクン!じこさいせい!」「シャービクン!じこさいせい!」

シャービクンはあられを吸収して元の形に戻ってしまった!

 

「ぎゃっ!これではキリがございません!そろそろ体力が限界、、、

冷たい生ビールが飲みたいでございます。エヘ」

 

『ピカ?!さいせいはズルいピカ! もうだめピカ!

単三ジュースが飲みたいピカピカ!』

 

「うふふ、降参しますか?」「うふふ、降参しますか?」

 

「負けるもんかだぜ!でも、2人ともそろそろ限界だぜ、、、

どうする?とにかく頑張れだぜ!」

 

「シャービクン!最大ふぶき!」「シャービクン!最大ふぶき!」

 

「ヌー子!ドロダンゴで迎撃!ぴか子!かげぶんしんでかわせ!」

 

「ひゃ〜〜!弱音は吐きませんが限界でございますぅ〜エヘ」

 

『もうだめピカ〜アイスが食べたいピカ〜〜』

 

「それだぜぴか子!シャービクンは氷のかたまりだぜ!

2人でかぶりつけだぜ!」

 

『アイス大好きピカ〜〜!』

「エヘ、失礼してかみついちゃいます。エヘ」

 f:id:pikapikako:20160616223525j:plain

2人はシャービクンにかみついた!

体力の限界だった2人はすごい勢いでシャービクンに

かぶりついている。

「女子はスイーツに目がないのです。エヘ」

ぴか子は調子に乗ってシロップをかけている!

 

ピコピコ〜ン♪

ぴか子はレベル39に上がった!

ぴか子は「味付け次第で美味しくなる」を覚えた!

 

 

シャービクンはついに倒れた!

 

「私たちの負けです」「私たちの負けです」

「やったぜ!  みんなよくやったぜ! 」

 

「それではバッジをお渡しします」

「二つ目のバッジ、ゲットだぜ!」

 

「コホン 当初作戦とはほど遠いですが結果オーライです。コホン」


「精いっぱい頑張らせていただきました!エヘ」


「頑張ったざんす!」「面白かったワニ」

『あたいの活躍見てくれたピカピカ?』

「?ワテの出番が無かったっパ〜! 特戦隊としてすんまへんッパ」

 

「よし!みんなサンキューな、基地に帰ろうぜ!」

 

バッジをゲットした仲間たち、この次はどこを目指すのか?

 

つづく