読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第42話 みんなの意見

ピっカ~☆ アタイはぴか子 

電気系ボケもん レベル42!

 

電気系ボケもんなのに電気の事に詳しくなくて

カニャンタウンジムで大苦戦したアタイは電池や充電について

少~し勉強したんだけど、まだまだ勉強不足ピカ。

 

でもでも座って勉強ばかりしてても前に進めないので、

習うより慣れろ!っとばかりに次のバッジゲットに向けての

行動を開始するピカピカよ☆

 

「パっパ~~!やっっっっと久々のワイの出番でんがな~~

次の行先はフジイシティ~あたりがよろしいでっせ!

特戦隊が首を長くしてすでに調査済みでっせ~~

パパっとバッジをゲットしに行きまひょっパ!」

 f:id:pikapikako:20160714201619j:plain

「おおっ!でかしたぜ!特戦隊!! ちょうど今から

その事を決めようとしていたところだぜ!」

 

「コ~~~っホン!! お待ちを!!!   

サトシっちさんと特戦隊は無計画すぎます!! 

フジイシティのジムリーダーがどのタイプのボケもんを

使うのかくらいは調査して対策していかないと

また前回の繰り返しになります!」

 

「っパ~~!! んなもんパ~~っと行って、

くぁ~~、べきっっでチャチャチャでんがな~~

ほな行きまひょっパ~!!」

 

「ゴホン!計画ですっ!ルンルンパさん!慌てない!

サトシっちさんも、リュックを下ろして下さい!」

 

「わ、判ってるぜ、ちょっとリュックの重さを試してた

だけだぜ。。 f^_^;      みんな〜 計画すっから集まってくれだぜ」

 

「コホン、では意見のある方はいますか?」

 

「パ〜!っと言ってぷヒュ〜〜んっと!」

「ハイハイ、わかりました、それ以外の意見は?コホン」

 

『ピカ〜 電撃でビリリ〜んでピっカピカ』

「わたくし、一生懸命頑張らせていただきます、エヘ」

「お腹空いたペロ〜ん」

「おいらも行きたいゴニョ〜」

「あの娘と仲良くなりたいドスコイ」

「仙人が言うててんけど~あんじょうやれコイン」

 

「コホン、もうけっこうです   (ー ー;)   

サトシっちさん、いかがいたしましょう?コホコホン」

 

「意見も出揃ったようだからプライゴン、みんなの意見を

踏まえて作戦書を作ってくれだぜ、みんな大事な仲間だぜ、

みんなの価値向上だぜ、任せたぜだぜ」

 

「??!?!!!! ゴホっ!  今の雑談を踏まえてですか?

ゲホっ! わ、わかりました。コっホン」

 

『ピカ?プライゴン泣いてるピカ?』

「パ?  どうしたっパ?」

f:id:pikapikako:20160714201646j:plain 

。、、、

「いえ、なんでもございません、コホン、

では少し皆さんに質問させて下さい。コホン

まず次の目標はフジイシティとしましょう。

出発はこの後すぐ、という前提で進めます。

サトシっちさん、それでよろしいですか?コホン」

 

「もちろんだぜ、メーカーだぜ!ゲットだぜ!」

 

「特戦隊さん、フジイシティは偵察済みということですが

ルートに危険は無かったですか?コホン」

「わ、わたくし特に危険は感じませんでしたわ、エヘ」

 

「ではフジイシティのジムリーダーはどんな人で

どんな戦法を得意としていましたか?

できれば弱点とかわかりますか?」

 

「パ? ジムから煙がたくさん出てたッパ、煙使いに違いないッパ

煙対策にマスクを持って行けばパ〜っとバッジゲットッパ

目にしみるかもでっけど息止めとけばパっパっパ~

それじゃ~出発っパ~」

 

「コホン!!だ~か~ら!慌てないでください  (-_-メ)

それと煙使いではなく炎使いと考えるのが自然ですね。

こっちは水タイプボケもん中心の編成で行くことを

提案したいと思います。サトシっちさん いかがですか?」

 

「え? そ、その通りだぜ、俺もそう思っていたぜ」

 

「コホン、具体的には我々のところではルンルンパさんが

水、草タイプ、ヌー子さんは水、地面タイプですね。

この特戦隊のお二人を中心としたオーダーが良いと思います。

コっっホン」

 

ピコピコ~ん♪ ぴか子はレベル43に上がった!

ぴか子は「意見の調整ってむつかしそう」を覚えた!

 

 

「パ~~ 特戦隊の出番っパ! では出撃っパ!」

「一生懸命頑張らせていただきます エヘ☆」

 

「ギャっっホン!! だから待てって言ってんのが!

。。。いや、取り乱してすみません、コホン。

後のオーダーはぴか子さん、ゴニョゴニョさん、

あと、わたくしプライゴンの構成で行こうと思いますが

サトシっちさん、よろしいですか?」

 

「ゴニョん サトシっちならさっきぴか子と出発したゴニョ」

 

「え~~?!コホン」「え~~?!ッパ」「え~~?!エヘ」

 

プライゴンは涙をそっとふいて出発の準備を始めた。

「コホン!それじゃあ出発です!サトシっちさんたちに

早く追いつきましょう! コホン」

 

つづく