読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第46話 恐怖のぷピゅゅ〜っ

ピっカ〜☆

あたいはぴか子、電気タイプボケもん レベル46

フジイシティのジム戦の真っ最中ピカピカ。

今回のバトルも頑張っちゃうピカよ。

 

「ヌー子!ドロダンゴでそのキモいトイトイをやっつけろ!」

 

「もちろんです! エイ!エイ!エイ!   エヘ」

 

トイトイはドロダンゴをまともに食らっているが、

ニヤニヤしながらヌー子に近づいてくる!

ヌー子はパニック状態でドロダンゴを投げまくっている!!

 

「イヤぁぁぁ〜 こっち来ないで下さい!!  エヘ」

 

「ウハハハハ! いいぞトイトイ! ヌー子にかえんほうしゃじゃ」

 

「ピゅゅゅ〜」

 

細いけむりの筋がヌー子に向かう。

ヌー子はけむりに巻かれた。

 

「コリャ!トイトイ!かえんほうしゃじゃ!セッシャの

指示通りにせんか!」

 

f:id:pikapikako:20160802075434j:plain

 

「ピゅゅゅゅ〜」

ニヤニヤしながらヌー子にけむりを吹きかけている。

 

「キ、キ、キモチ悪過ぎでございます  Σ(゚д゚lll)」

ヌー子は気絶してしまった!

 

気絶したヌー子にニヤニヤしながらトイトイが近づく!!

 

「ま、マズイぜ!ぴか子!ヌー子と交代!

でんきショックでトイトイの動きを止めろだぜ!」

 

『ピっカ〜☆ 任せるピカ! ビリビリのギタギタに

してやるピカ!   ピカピカピカピカぁぁ〜 アタぁっク!』

 

ビビビっ!!

ぴか子のでんきショックがトイトイに炸裂!

 

f:id:pikapikako:20160731191051j:plain

 

「ムフっ、ピゅゅゅゅ〜」

 

トイトイはよだれを垂らして喜んでいる。。。

 

ピコピコ〜ン♪ぴか子はレベル47に上がった!

ぴか子は「ドヘンタイに攻撃は逆効果」をおぼえた!

 

『ぎゃっ なんか攻撃とはいえアイツに触れるの嫌な感じかも

どうしよピカピカ。。。(−_−;)』

 

「ワっハっハ!  トイトイ!かえんほうしゃでまるこげにしてやれ!」

 

「ぷピゅゅゅゅ〜」

 

1本のけむりの筋がぴか子の顔の辺りに吹き付けられる。

 

『ギャ〜〜! ピカ! もうムリピカ!  』

 

全身鳥肌で泣きそうなぴか子に上機嫌のトイトイが

タニタしながら近づいている。

 

 「コホン、なんなんですかアイツは、女子に攻撃されることに

喜びを感じているようです。。。 ドヘンタイですね (ー ー;)

いったいどうすれば????」

 

f:id:pikapikako:20160731192130j:plain



f:id:pikapikako:20160806181431j:plain

 

「一気にたたみかけろ!トイトイ!

かえんほうしゃと言ったらかえんほうしゃじゃ!」

 

「ぷピゅゅゅゅ〜っ」

 

トイトイの吹き付けたけむりがぴか子を取り巻く!

 

ぴか子は気絶してしまった!

 

「うへへへへ、ぷピゅゅ〜っ」

f:id:pikapikako:20160731192733j:plain

 

気絶したぴか子にけむりを吹きかけながらトイトイが

よだれを垂らして近づいてる。

 

 「うわわ!ぴか子がピンチだぜ!メラエッテ!

ぴか子と交代だぜ! かえんほうしゃでトイトイを

燃やし尽くせだぜ!」


「メラ〜ン!!燃えてきたメラ! やってやるメラ!」


「負けるなトイトイ!炎ジムのホンモノの恐ろしさを

見せてやれ!こっちもかえんほうしゃじゃ!!」


「ぷピゅゅ〜っ!」


トイトイからはけむりしか出ない!

メラエッテのかえんほうしゃがトイトイに直撃!

トイトイは倒れた。

 

「コ、コホン。。なんだったんですか?

キモいだけのボケもんだったとは。。。

それにもメラエッテさん ナイスです!コホン」

 

「なにをやっておるのじゃ!かえんほうしゃも出せんとは!

トイトイ!お主はクビじゃ!引っ込んでおれ!

チャレンジャーはなかなかやりおる!

最後はセッシャの切り札!マグキャメルじゃ!

行け!マグキャメル!」

 

「マグぅぅ〜!」

f:id:pikapikako:20160801073456j:plain

 

「す、すごそうなボケもんが出てきたメラ!

でも負けないメラ!」

 

 ついに切り札を繰り出してきた炎使いのハセ山!

 

サトシっちは3つ目のバッジを手にする事が

出来るのだろうか。

 

つづく