読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第47話 気合いだぜ! 根性だぜ!

ピっカ〜☆ あたいはぴか子、電気系ボケもん レベル47

3つめのバッジをゲットしようとするサトシっちに

着いてフジイシティジムにやってきたけど、

ちょっぴり苦戦中ピカ。


苦戦しているならっ!

この通りすがりの私が 必殺技 太陽拳で!

やっつけましょうか?


f:id:pikapikako:20160809183650j:plain


いや、待ってください。コホン

メラエッテが頑張ってますので‥少し

様子を見ましょう。


f:id:pikapikako:20160817140940j:plain


f:id:pikapikako:20160817140130j:plain

 


メラエッテが頑張ってるけど、ヤバそうな敵ボケもんの

登場でどうなることかわかんなくなってきたピカピカ。

 

「行けぃ!マグキャメル! だいふんか攻撃じゃ!」

 

ドドドド〜ン!!!

真っ赤に焼けた岩石が降ってきた!

 

「危ないメラエッテ! かわすんだだぜ!」

 

「おっととと〜っ! 危ないメラ! 当たったら痛そうメラ!」

 

 「ワっハっハ! チャレンジャーはよけるだけで精一杯じゃのう、

連続だいふんか攻撃で片付けろ!」

 

ドドドド〜ンっ!

岩石が雨のように降ってくる!

 

かえんほうしゃじゃ効きそうにないぜ。。。

メラエッテ! ずつき攻撃は今でも出来るかだぜ?」

 

「やってみるメラ!  メラメラメラメラ〜っ!」

 

ゴぉぉぉ〜ン!

岩石をかわしながらメラエッテはずつき攻撃を始めた!

 

f:id:pikapikako:20160801073952j:plain

 

「コホン。いいですね〜 接近戦なら、だいふんか攻撃は

当たりません、偶然とはいえサトシっちさんにしては

素晴らしい作戦です! 実行に移したメラエッテさんも

ナイスです!」

 

ピコピコ〜ン♪ぴか子はレベル48に上がった!

ぴか子は「やってみれば道は開ける」を覚えた!

 

『いいぞ〜やれやれ〜ピカピカ!』

 

 「コホン、ずつき攻撃は自分も痛そうなので根性勝負ですね。

私にはマネできませんが、頑張って下さい!」 

 f:id:pikapikako:20160802182624j:plain

 

ゴぉぉぉン! ゴぉぉぉン!

マグキャメルはふらつき始めたが、メラエッテもたんこぶができて

涙目になりながら攻撃を続けている。

 

我慢できずに離れればだいふんかのえじきにされてしまうので、

ここは押し切るしかない!!

 

「メラエッテ!根性だぜ!相手も嫌がっているぜ!」

 

『出た〜!サトシっちの精神論! 何でもゴリ押しピっカピカ☆』

 

「パ〜! メラエッテはん!パパっといってもうたれッパ」

 

「わたくしの分まで一生懸命頑張ってください! 

一生懸命に勝るものなしでございます」

 

「コホン。見事に皆さん精神論ですね   (ー ー;)

しかしここはメラエッテさんの可能性に賭けるしかなさそうです。

敢えて頑張ってくださいと言います、コホン」

 

「大丈夫か?マグキャメル! 距離をとってだいふんか攻撃じゃ!」

 

「メラ〜!逃すもんか! スーパーウルトラスペシャルハイドロずつき!!」

 

ゴぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ〜ン

「マグぅぅ〜(泣)」

 

マグキャメルは倒れた!

メラエッテも気絶してしまった。

f:id:pikapikako:20160802124904j:plain

 

「よくやったぜメラエッテ! オレたちの勝ちだぜ!」

 

「コホン。わたしの出番がありませんでしたが

勝って何よりです。コホン」

 

 「うぬぬぬ。。。セッシャのチームを破るとは。

しかし負けは負けじゃ! バッジを持って行けぃ!」

 

ジムリーダーハセ山はバッジを手渡した。

 

 

「フジイシティジムバッジ、ゲットだぜ!」

 

『やったピカぁ〜☆』

 

 「ほな、バッジもゲットした事やし、パッパと帰りまひょ」

 

「よし!みんな〜帰ろうだぜ!」

 

 

3つ目のバッジをゲットしたサトシっち!

次はどうする?!

 

つづく