読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

49話 ボケもんGO

ピっカ~☆ アタイはぴか子電気系ボケもんレベル49

サトシっちのトレーナーレベルは行き詰まり~の27(笑)

 

3つ目のバッジを無事にゲットしたアタイらは

次のバッジをゲットするためマツバシティへと向かうことに

したとこから今回の話は始まるピカピカ☆

 

 

 「コホン。3つ目のバッジも無事ゲットしましたので、

 

次のマツバジムバッジをゲットできれば、目標のバッジ8つに対し、

50パーセントの達成率となります。

 

みなさん!気合いを入れて取りこぼしの無いよう、

頑張って行きましょう! コッホん」

 

『ピっカぁ〜☆じゃあさっそくマツバジムへ出発ピカピカ☆』

 

「ゲットだぜだぜ!マチャラタウンのサトシっちだぜ!

それじゃあメンバーを発表するぜ!

ぴか子、メラエッテ、特戦隊、コインキング。プライゴンは

全体の指揮を取ってくれだぜ。」

 

「待てコイン!僕がキャプテンコイン!エライコイン!」

 

「コホン。私はこだわりませんので別にかまいませんよ。コホン」

 

「わ、判ったぜ、じゃあコインキング、作戦を頼むぜ!」

 

 

「。。。。。コイン。。。。。。。。。」

 

「黙ってちゃわかんないぜ。 」

 

「しゃべるのは苦手コイン。サトシっちやプライゴンみたいに

口先が上手く無いコイン。」

 

f:id:pikapikako:20160830194405j:plain

 

「じゃあみんなで交換日記して考えを伝え合おうぜだぜだぜ」

 

「やだコイン!僕以外のみんながやれコイン。僕は口頭で

アドバイスするコイン。」

 

f:id:pikapikako:20160830194505j:plain

 

「??!?!? いや、コインキングがしゃべるのが苦手って

言うから提案したんだぜ?」

 

「つべこべ言わずにあんじょうやれコイン。僕はそんな立場じゃ

ないコイン。」

 

f:id:pikapikako:20160830195042j:plain

 

「パぁ?」「ピカ??」「エヘ?????」「。。。。。メラ」

 

「コホン。。。困りましたね。。。全く会話が噛み合っていない

様子です。。。」

 

「意味がわかんないぜ。エライけど作戦立てるのダメ、しゃべるの苦手、

エライから言われた事したくないって。。。」

 

「悪口言うなコイン!温厚な僕もついに怒ったコイン!

バトルになんか行ってやらないコイン!ショッピングに行って来るコイン!」

 

www.youtube.com

「ピ〜カぁ⤵︎ 行っちゃった⤵︎」

 

「温厚か。。何も言わないのと温厚は違う気がするけどまぁいいぜ。

気をとりなおして出発だぜだぜ!特戦隊は先に行って偵察頼むぜ!

マツバシティのジムリーダーがどんなヤツだか見て、あっ!」

 

ピュ〜〜ん! 

特戦隊はもう出発していた。

 

「。。。。(-。-;        では行きましょうか。コホン」

 

「出発だぜ!ゲットだぜ!」

『おぉ〜っ!ピカぁ!』「頑張るメラメラ」

 

しばらく進むと道路に青い看板が出てきた。

サトシっちは看板に近づいていって何かしている。

 

『何してるピカピカ?』

f:id:pikapikako:20160830142705j:plain

 

「この青い看板は ボケストップって言うんだぜ。

クルクル回すとボケもんボールやぴか子たちが

怪我した時の傷グスリが出てくるんだぜ」

 

ピコピコ〜ん♪  ぴか子はレベル50に上がった!

ぴか子は「ボケストップ」を覚えた!

 

『ピっカぁ〜☆ いつも傷グスリとかを切らせないように

リュックの中は整理整頓ピカピカね☆』

 

マツバシティ目指して出発したぴサトシっちと仲間達。

 

ぴか子の冒険はまだまだつづく。