読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第51話 仲良くできない謎の街

ピっカぁ〜☆アタイはぴか子、電気系ボケもん。レベル50

サトシっちと旅を始めて早や1年。

仲間も増え、ずいぶん遠くまでやってきたピカ。

 

次は4つめのバッジをゲットするためマツバシティにやってきた

ピカピカピっカぁ〜☆

 

m.youtube.com

 

 

 

「パぁ〜! 特戦隊ただいま戻りましたでんねん」

 

「コホン。お疲れ様です。様子はいかがでしたか?」

 

「エヘ。わたくしヌー子が報告申し上げます。

マツバシティは同じマツバシティ市民同士で

北マツバシティと南マツバシティに別れていがみ合っており、

お互いが自分の権利ばかり主張して永遠に闘い続けて

1つにまとまる事すら出来ないようでございます。

 

そんな事情ですのでマツバシティには2つジムが

あるのでございます。

目の前にある南マツバシティのジムリーダーはパックネン。

ねつ造で相手を陥し入れる達人でございます。

ジムにはテコンドーなどを得意とする格闘タイプのボケもんが

揃っているようです。

 

 北マツバシティは ビョンウンこ という小太りの

ジムリーダーらしいでございます。

 

こちらのジムについては謎のベールで包まれており、

全く情報が入ってきませんでした。エヘ」

 

「コホン。あまり関わりたくないシティですね。

さっさとバッジを連続ゲットしてここを離れましょう。」

「パッパといきまひょ!」

 

「まずは目の前の南マツバジムからいくぜ!」

 

「燃えてきたメラ!」

 

自分達で延々と潰しあっているという変な街マツバシティ。

2つのバッジを手に入れる事は出来るのだろうか。

 

つづく