読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第54話 ヌー子を探せ!!

ピっカ~~☆アタイはぴか子。

電気系ボケもん レベル50☆

なんだか北の拉致問題に巻き込まれ、

仲間のヌー子がいなくなってしまって大変ピカピカ☆

すぐに助け出すピっカ!!!

 

「コホン、まずは状況を整理しましょう。

偵察に出たヌー子さんは突然いなくなりました。

勝手にどこかへ行ってしまうような状況ではありませんでした。

通りがかったモジャモジャさんの証言によると、

あやしい3匹のボケもんに連れ去られたのを見た。とのこと」

 

「ギャ〜っパ! 今すぐ直ちに救出っパ!」


「コホン。気持ちはわかりますがどこに行って誰からどうやって

救出するか考えましょう。サトシっちさん、どのように?」

 

「どのように?ったって突撃あるのみだぜ!

北マツバのジムを片っ端から潰しまくっていけばオーケーだぜ!」


『ピっカぁ〜☆ 片っ端からぶっ潰すピカ!』

 

「コ、コホン。。。それは効率が悪いです  (−_−;)

まずはどこのジムにヌー子さんがいるか、特定すべきです。」

 

「そ、それが、言いたかったぜ!とにかくヌー子を探せだぜ!」

 

「それではまずビョンウンこの住むビョンヤン地区から探して

みましょう。何かわかるかもです。コホン。」

 

『ビョンヤンに出発ピカ!』

 

「ギャ〜っパ!!  猛ダッシュっパ!」


f:id:pikapikako:20161126042345j:plain


「メラ!!!そっちじゃないメラ!あっちメラよ!」

 

「ぷぁぁぁ〜っ!」

ピュ〜ン! ルンルンパはメラエッテの指した方へと猛ダッシュして行った。

 

「俺達も急ごうぜ!だぜ!」

 

 

「コホン。私の推測ではあの黒いジムがビョンウンこのジムです。


あやしさ満点のあのジムを偵察しましょう。」

「だぜだぜ、ぴか子、見てきてくれだぜ!」

『任せてピっカ☆』

 

ぴか子はそっと真っ黒のジムへ近づいてみた。


『う〜ん。。中が真っ暗でよく見えないピカねぇ。。。

そうだ! アスカカンパニーの特許商品、3連ヘッドライトで

ピッカピカにするピカ☆』


ピカ〜ん

ぴか子は3連ヘッドライトをつけてみた。

『ピカ〜  これはすごく明るいピカ☆

左右に無駄なく配光されていて視界の全てがカバーされてるピカ☆

おまけに充電式で地球に優しいピカピカ☆

これで探せばすぐにヌー子も見つかるピカ☆

すぐに助けるから待ってるピカよ』

 

ぴか子はどんどん奥へ進む。


f:id:pikapikako:20161126042502j:plain

 

『あ、ヌー子発見ピカ!  サトシっちに知らせなきゃピカ!』

ヌー子は閉じこめられていた。

 

『たいへんピカピカ☆ ジムの奥でヌー子が閉じこめられてたピカ』


「なんだと!だぜ。すぐに文句言って返してもらうぜ!」

 

サトシっちはジムに飛び込んだ。

 

「おい!誰かいないのか?!だぜ。ヌー子を返してもらうぜ!」

 

「誰だ?騒いでいるのは。」

奥からビョンウンこが出て来た。

 

「お前がビョンウンこか?だぜ!ヌー子を返せだぜ!」


「何の事だ?誰だ貴様は?」


「マチャラタウンのサトシっちだぜ!ヌー子は俺達の大事な仲間だぜ

返してもらうぜ!」


「ヌー子?そんなものはここにはおらん。帰れ。」


『ウソピカ!あたい見たピカ!ヌー子返すピカ』

 

「ええい、うるさい奴らじゃ!行け、テッコンドン!

メガトンパンチじゃ!」

 

 いきなりバトルを仕掛けてきたビョンウンこ!

 

サトシっちたちはビョンウンこを倒し、ヌー子を救い出す事が

出来るのであろうか。。。

 

 

続く