読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第55話 激突! 北の指導者!

ピっカ〜☆

あたいはぴか子。電気系ボケもん レベル50☆

ヌー子を拉致した上開き直ったビョンウンこに

突然バトルを仕掛けられてびっくりピカピカ☆

 

「危ない! ぴか子!かわしてでんきショックだぜ!」


『わかったピカ』


バコっ!

 テッコンドンのパンチは素早くてかわせなかった。。。


『ぎゃ〜っピカ!』


「ぴか子!画面の端が黄色く光ったらかわすんだぜ!」

 

『ピカ!それはポケgoジム戦の極意!やってみるピカ!』

 

遅れてプライゴン達が入って来た。


「コホン。いきなりバトルですか?大丈夫ですか?」

「いきなり仕掛けられたぜ!やるしかないぜ!」


「ぎゃ〜っパ! ヌー子返せっパ! ぴか子!

やっちまえっパ!」

 

『ピカピカ、黄色く光ったら避けるピカ!』

ぴか子は頑張ってかわしはじめた。

 

「ぴか子 その調子だぜ!リズムを覚えるんだだぜ!」


『ピカピカ☆これならCP2倍の相手でも倒せそうピカ☆』

 

「何をしておるテッコンドン! 負けたら銃殺ニダ!」


ビョンウンこはパンチをかわされるテッコンドンに怒っている!

 

テッコンドンは銃殺を恐れ必死にパンチを繰り出してくる!


f:id:pikapikako:20161207191912j:plain

 

「ぴか子!かわしてばかりじゃ終わんね〜ぜ!

テッコンドンの大技に合わせてカウンターで11万ボルトだぜ!」


『ピカピカピカピカこぉぉぉ〜っ アタぁぁっク!』


ぴか子の11万ボルトがテッコンドンに炸裂!

テッコンドンは倒れた。

 

 「むむむ、テッコンドン!後で家族も含めて銃殺ニダ!

次!行け!ツルッパシ!貴様も負けたら銃殺ニダよ!」

 

続けてツルッパシがバトルを仕掛けてきた!

 

「コホン。ここは私が華麗に倒してきましょう。

銃殺はかわいそうですが仕方ありません」

 

「パぁぁぁ〜っ!」

プライゴンの前にルンルンパが踊り出た!

ルンルンパは張り切っている!

 

「コホン。またルンルンパさんですか ( ̄◇ ̄;)

いたしかたありません。頑張って下さい。」

 

「そういうことならルンルンパ!ツルッパシ

はっぱカッターだぜ!」


「パパパパパぁぁぁ〜!」

 ルンルンパはみずでっぽうを乱射!

f:id:pikapikako:20161207192522j:plain

 

「ツルッパシ!きあいパンチ攻撃ニダ!

上手くやらないと銃殺ニダ!」


銃殺を怖れたツルッパシはみずでっぽうのダメージを

物ともせず突っ込んで来る。

 「ぎゃ〜っパ! 痛いっパ!」

 

「コホン。いつものそのオチはもういいです ( ̄◇ ̄;)

まずは、はっぱカッターで相手の足を止めましょう!」

「ルンルンパ!はっぱカッターを連打だぜ!」

 

「パパパパパぁぁぁ〜!」


f:id:pikapikako:20161207193026j:plain

 

ルンルンパのはっぱカッターでツルッパシは

前に出れなくなっている。


「いいぞルンルンパ!スピードスターでトドメを刺せ!」

☆☆☆☆☆☆〜  ドカ〜ン!

 

ツルッパシは倒れた。

「何やってるニダ! 銃殺決定ニダ! 」

 

「銃殺ニダ!じゃね〜ぜ! お前の負けだぜ

さっさとヌー子返せだぜ!」

 

「覚えてやがれニダ!」

ビョンウンこは隠し扉から逃げ出した。

 

ものすごい逃げ足で奥へと消えてしまったビョンウンこ。

 

ビョンウンこを捕まえ、ヌー子を救い出せ!

 

つづく