読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第56話 北の指導者を捕まえろ!

ピっカぁ〜☆

あたいはぴか子、電気系ボケもん。レベル50

少し空いてしまったけどまだまだ頑張るピカピカよ☆ 

 

 

さらわれたヌー子を取り返しに北マツバのジムに乗り込み、

ビョンウンこ とのバトルにも勝利したのに、負けたビョンウンこが

さらにジムの奥へと逃げてしまったところから始まるピカ☆

 

『待つピカ! ヌー子返すピカ!」

ぴか子はビョンウンこを追って飛び込んで行った!

 

「コホン!みんなでまっすぐ追いかけても逃げられます!

ルンルンパさんはスピードを活かして裏口へ回り、

裏口のカギを閉めちゃって逃げられないようにして下さい。

さらに落とし穴でも作ってやれば完璧です。コホン」

 

「わかったっパ!裏口にすぐ行くっパ」

ビュー ん!  ルンルンパは光の速さですっ飛んで行った。


f:id:pikapikako:20170221110910j:plain 

「俺たちも行くぜ!ビョンウンこ の野郎、とっちめるぜ!

オレの追撃のひつこさは2ちゃんねるで全国から

叩かれるくらいのレベルだぜ!」

 

サトシっち達もぴか子に続いてビョンウンこの逃げた方へと

飛び込んで行った。

 

『ピカピカ!あっちに行ったピカ!』

「逃げ足の速いやつだぜ!ぴか子 でんきショックでやつの

足をにぶらせるんだだぜ!」

 

『任せてピっカ~☆ピカピカピカピカこぉぉ~アタぁ~っク!!』


ビビビッ! ジョンウンこ にぴか子のでんきショックがさく裂!

「し、しびれるニダ。。」

ビョンウンこの足が鈍った。


「行っけ~!ぴか子!11まんボルト!!」

どっか~~ん!!

ビョンウンこは倒れた!!


「ニダニダ。。。バッジは渡すニダ。。。」

サトシっちはバッジを受け取った。


「ついに4つ目のバッジゲットだぜ!」


「コホン。それとヌー子さんを返してください。

何の目的でヌー子さんを拉致したのですか?コホン。」


「ニダ。。キュートでタイプだったニダ。

お嫁さんにしようとしていたニダ。

でもヌー子は病気で死んだニダ。遺骨を渡すニダ。」

f:id:pikapikako:20170221111004j:plain

『ウソピカ!!さっき見たピカ!!返すピカ!!』

 

「コホン、別人の遺骨作戦には引っかかりません!

勝手に手分けして捜索しましょう。」

 

「メラ~!!ヌー子さん見つけたメラ!!」

メラエッテがヌー子を発見。


「みなさま、ご心配おかけしてすいませんです。」


「無事だったかヌー子!良かっただぜ!」


「コホン。ご無事で何よりでした!それではバッジも

ゲットしましたし、退散しましょう。」

 

「じゃあ行くぜ!みんな!」


『待つピカ☆ あの嘘つきだけは許せないピカ!

ぴかぴかぴかぴか子ぉぉ〜 アタぁ〜っク!』


ビリビリ どっか〜ん!!!

 「うぎゃ〜ニダ!!もう悪いことはしませ〜ん( ;  ; )」


ビョンウンこ はぶっ飛んで行った。。。

 

 

無時にヌー子を救出し、4つ目のバッジも手に入れたサトシっちと仲間たち。

もともとの目標であった南マツバ目指して出発していった。

 

 南マツバではどんな冒険が待っているのだろうか?

 

つづく