読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第44話 炎のフジイシティジム

ピっカ〜☆ あたいはぴか子 電気系ボケもんレベル44

必殺技を覚え進化したメラエッテ、いつも元気な特戦隊、 

ダンスの上手なプライゴンたちと一緒に3つ目のバッジを

ゲットするため、フジイシティにやって来たピカ☆

 

f:id:pikapikako:20160722214336j:plain 

 

『ピカピカ、 歩き疲れたピカぁ〜  フジイシティジムって

まだピカ〜?』

 

「あと少しでございます。一生懸命頑張って下さい。エヘ」

 

「コホン、あそこに見える建物ではないですか?」

 

「パぁ〜!  その通りッパぁ〜  先に乗り込んで来まッパぁ〜

行くで〜ヌー子」「ハイでございます!エヘ」

 

「あ、お待ちを!。。。行ってしまった。コホンコホン。」

f:id:pikapikako:20160725185737j:plain 

 

ピュ〜〜ん!

あっという間に特戦隊は向こうの建物に行って、入り口を

ノックしている。

「たのもぉぉぉぉっパぁ! マチャラタウンのサトシっちが

挑戦に来たッパぁ〜 パパっとバッジを渡すッパぁ〜」

 

f:id:pikapikako:20160722221100j:plain 

 

ギィィ〜っ ルンルンパは扉を開けた。

すると中から突然炎が噴き出してきた!

 

「ギャ〜っ熱いパ!  い、いきなりなんでんねん!!

帽子が焦げてしもたッパ!」

 

f:id:pikapikako:20160722214414j:plain

 

「なんなんですか!?攻撃?こうなったら一生懸命頑張らせていただきます!

ロダンゴ攻撃でございます!エヘ」

 

f:id:pikapikako:20160722215228j:plain

 

突然の炎にヌー子は反撃した!

 

「誰じゃあ!ドロを投げこんできたやつは?!」

 

「パ?! せやからマチャラタウンのサトシっち〜

言うてますがな!わいらはその特戦隊ッパ!」

 

「なんじゃ?もしかしてチャレンジャーか?

セッシャたちはバトルの特訓をしてたのじゃ、

いきなり扉を開けるとは失礼なチャレンジャーじゃ!」

f:id:pikapikako:20160722220419j:plain

 

「パ!いきなりわいの帽子を焦がすとは失礼なジムッパ!」

 

プライゴンが息を切らせながら走って来た。

「コホン、行き違いがあったようで申し訳ありません。

ほら、特戦隊も謝って下さい、コホン」

 

「パ?わいは被害者ッパ!  ぬぬぬぅ わかったッパ!

  ハイハイわたしが悪うございましたぁ〜

ご〜めんチャイッパぁ〜  ぷぅ〜う」

f:id:pikapikako:20160722221146j:plain

 

「も、申し訳ありませんでした、わたくし一生懸命

謝らせていただきます!エヘ」

 

ピコピコ〜ン♪

ぴか子はレベル45に上がった!

ぴか子は「いきなり扉を開けちゃダメ」を覚えた!

 

「まぁ良い、ではまとめて黒こげにしてやるからさっさと

準備せい、その挑戦受けてやるぞい、セッシャは

炎使いのハセ山じゃ、かかってこい」

 

 「オレ、マチャラタウンのサトシっち!

よろしくお願いしますだぜ!」

 

 

「それでは、フジイシティジムリーダー ハセ山と

挑戦者サトシっちのバトルを開始します!

ジムリーダーは4体のボケもん、挑戦者は5体のボケもんで

戦います。

すべてのボケもんが戦闘不能となったほうのトレーナーの

負けとなります。    始めっ!!!」

 

 

ついに始まったフジイシティジム戦!

勝負の行方はどうなるのか?

 

 

つづく