読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第48話 捨ててきなさい!

ピっカ〜☆ あたいはぴか子、電気系ボケもん レベル48

 

炎のジムリーダーをやっつけて、3つ目のバッジをゲットした

アタイたちは意気揚々と基地に帰るとこピカピカ☆

 

「パ〜 ほなちゃっちゃと帰りまひょっパ」

「おう!みんな、帰るだぜ!」

『ピっカ〜☆  帰ろ、帰ろピカピカ☆』

 

一行はカニャンタウンの基地目指して歩き始めた。

 

「あ、あの〜でございますが、後ろから誰かずっと着いてきている

ようなんですが、、 嫌な気配がしますです。。。エヘ」

 

『ピカピカ?アタイもなんか鳥肌が立ってるピカピカ。。』

 

「コホン。私は何も感じませんが、どうしたものですかね?」

 

「パ〜! わいがパパっと、見てきまっさ〜」

 

「ルンルンパ!頼んだぜ!気をつけて。。あっ」

ぴゅ〜〜〜ん!

ルンルンパはもういない。

 

 

「パぁぁ〜? ヌー子もぴか子も何を言うてましたんやろ?

何もいてへんし何もありまへんがなっパぁ〜」

 

ガサゴソ!

木が揺れている。 

 

「パ?誰かそこにいまんのか?パパパのパ?」

f:id:pikapikako:20160817171150j:plain  

ぷぴゅゅ〜〜

どこかで聞いた事のある音が。。。

ルンルンパを細い煙が取り巻いた!

 

「パ?? なんでんねん!この気しょく悪い煙は?!

あ!お前はさっきのジムの!」

 

茂みからトイトイが出てきた。ニヤニヤしている。

「ぷヒュー」

 

「ワテらになんか用かッパ?」

「ぷヒュー」

 

「な、何だこいつはッパ!もう無視して行くッパ」

ぴゅ〜〜ん!

ルンルンパは逃げるようにみんなのところへ帰った。

 

「パぁ〜! みんな〜偵察行って来たッパ。

変なのがいたけど相手にしなくて大丈夫ッパ!

何も言わないでニヤニヤしててきみが悪いヤツっパ!

さっきのジムで煙を」

 

「ぷヒュー」

 

「そうそう、ぷヒューって出すヤツっパ!」

 

「コホン、何で連れて来たんですか?」

 

トイトイはルンルンパに着いて来ちゃったようだ。

 

「ダメだぜ、ルンルンパ、変なの拾ってきちゃだぜ」

f:id:pikapikako:20160817171446j:plain

 

「パパパ!連れて来たわけじゃないっパ!

こいつが勝手に着いて来たっパ!」

 

「ぷヒュー」

トイトイは楽しそうに煙を吹いている。

 

『ピカ!変な事したら電撃ピカ!』

「近くにいるのは嫌でございますわ、放っておいて

早く行きましょう。エヘ」

 

「みんな!行こうぜ! じゃあな!トイトイ」

 

「コホン、トイトイさん炎ジムでクビになっちゃったから

行くところなくて着いて来ちゃったんでしょうね。

気の毒ですが置いて行きましょう。コホン」

 

f:id:pikapikako:20160817171504j:plain

 

一行はトイトイと別れ、基地目指して帰ることにした。

 

 「ただいまメラ〜!」

「コイ〜ン! で、バッジはどうだったコイン?」

 

「コホン、見事ゲットして参りました」

 

「それは良かったペロ、怪我もなくて何よりペロ、

ところでそのボケもんは誰ペロ?」

 

「??!?!? 。。。!!ギャ〜〜〜〜っパ! 

びっくりさすな!!何着いて来とんねんっパ!」

 

「ぷヒュー」

 

「コイン?トイトイじゃないか、久しぶりコイン、

元気だったかコイン」

 

f:id:pikapikako:20160817230204j:plain

 

「ぷヒュー」

 

「コ、コホン、キャプテンの知り合いですか?」

 

「昔一緒のチームにいたコイン、無口だけどいいヤツコイン、

あんじょうしたってくれコイン」

 

「ゲホっゴホン。私に言われましても。。。

サトシっちさん、どうしましょう。私はあまりお勧めできませんが

キャプテンの推薦です。」

 

「コイ~ン!推薦とかそういうのじゃなくてただ知り合いで、

あんじょう頼むコイン!」

 

「。。。だそうです。コホン。私には判断しかねます」

 

「判ったぜ、じゃあ3ヶ月だけ試しにチームに入れてみようぜ、

キャプテンの推薦だし、大丈夫かもだぜ」

 

「コイン!コイン!推薦とかそういうのではないコイン!」

 

f:id:pikapikako:20160818102848j:plain

 

「判った、判っただぜ、後でキャプテンが言ったからとか

言わないから大丈夫だぜ。」

 

「コイ〜ン!ならあとはサトシっちの責任だからしっかりやって

くれコイン!プライゴン、あんじょう頼むコイン」

 

ピコピコ〜ン♪ ぴか子はレベル49に上がった!

ぴか子は「あんじょうでは意味がわからない」を覚えた!

 

 「コ、コホン。とりあえず試用期間という事で腕章をしておきましょう。

はぁぁっ あんじょう、ですね。まぁ何とかしてみましょう。コホン」

f:id:pikapikako:20160818104812j:plain

 

「ぷヒュー」  『ギャ〜!ピカ!こっちに吹くなピカ!』

 

 先が思いやられる感じになったが次のバッジを目指して前に進め!

 

つづく